英語サイトへ

アライアンス・M&A

現状認識

アライアンスには大きく分けて技術的なアライアンスとビジネス的なアライアンスがある。これまでこの分野で先行するメーカーのビジネスモデルは、アライアンスというよりはM&Aによる技術の囲い込みが主であった。しかしながら、技術が高度化すればするほど、専門性が増し、1社単独で必要とする技術を全部賄うことは困難な状況となっている。このような状況の中で、不足するものを外に求め、アライアンス先を探す企業が増えている。


課題認識


3DRIの強み