英語サイトへ

特許調査・分析

現状認識

自社の技術戦略の立案や製品開発を計画する場合、特許の調査を行うことは基本である。自社の中に特許調査部門を抱える企業もあるが、中小や中堅の企業では、自前でこのようなことを行うことは費用面からみてもハードルが高い。一方、特許調査レポートなるものが数社から発行されているが、その全てが国や各社ごとの特許件数や分野をおおざっぱに分類した程度の内容であり、実用面での活用の範囲は限られる。


課題認識

真に必要となる特許情報は、自社が参入する技術分野における特定の特許であり、参入の可否や回避策の具体的検討が可能となる個別の具体的な特許である。しかし、このような調査はこれまで費用面からみてハードルが高い。


3DRIの強み

3DRIでは専門家である弁理士や特許事務所と提携し、具体的なスクリーニングを行うとともに、技術的な内容を判断できる技術のバックグラウンドを持ったコンサルタントが調査を担当する。そのため、精度の高い調査が可能となり、自社が問題とすべき個別の特許が特定でき、具体的な対応策の検討が可能となる。主たる調査分野は、最も今後発展が見込めるインクジェット分野に特化し、その分野のエキスパートが特許を吟味する。これらをデータベース化した上で、個別企業のニーズに合わせて提供するため、個別に調査をする場合に比べ、大幅に費用を抑えた調査が可能となる。